中学受験の現状

大都市圏では中学受験を行うお子さんが増加しています。東京では180校もの私立中学など中学受験を実践する中学があり、高い教育目標、独自の教育方針を掲げる私立中学や国公立中高一貫教育は人気を誇っています。都市圏では中学受験が非常に多くなっていること、公立中学の定員割れが起り、公立中学合併などが行われるほどです。

首都圏、関西圏に学校が集中しているという背景もありますが、地方に行くほど中学受験と縁遠くなりますが、中には中学受験に注目している保護者もいて、通信教育や自学学習教材などを利用し中学受験のための勉強を行ったり、大手進学塾の夏季講習や冬季講習などに積極的に参加し、お子さんの学力を早いうちから向上させる行動を起こしているご家庭もあります。

御三家、超難関中の倍率は10倍以上

中学受験は各学校によって学力レベルに違いがありますが、一定の学力レベルが必要であり、御三家、超難関中学などの人気校になると10倍以上もの倍率となる事も少なくありません。つまり、中学受験は高校受験や大学受験同様、有名校、名門校ほど合格する事が難しく、その他の私立中学、中高一貫教育校にしても学力をしっかり磨いて受験する事が必須なのです。

この先、学校に対して選択肢があるという状態が地方に広がっていくことも考えられます。中学受験をしなくても小学校時代からしっかりレベルの高い勉強をしていくことで、高校受験、大学受験にも力となっていくはずです。当サイトは中学受験に着目し、現代の中学受験がどのような状態か、中学受験を目指すご家庭に知っていただくために作りました。中学受験にチャレンジするお子様、ご家族のサポートサイトとなれたら幸いです。